10万円支払っていなくても医療費控除はできる!?

西村麗王税理士事務所

医療費控除で節税

医療費控除とは

自分や生計を一にする親族のために医療費を支払った場合に、所得控除を受けることができる制度です。

※ 生計を一にする親族とは、「扶養親族」、「同居親族」ではなく、「一つの財布で生計を立てている親族」という意味ですので、例えば、仕送りをしている扶養に入らない子供なども含まれます。

控除できる金額

[実際に支払った医療費の合計額-(1)の金額]-(2)の金額
(1) 保険金などで補てんされる金額
※ 入院費給付金、高額療養費、出産育児一時金など
(2) 10万円
※ 総所得金額が200万円未満の場合……総所得金額×5%の金額
※ 総所得金額とは繰越控除や特別控除を差し引く前の額

医療費の範囲

  • 医師・歯科医師への診療費・治療費・入院費……○
  • 風邪薬、下痢止め……○
  • 医療機関までの往復交通費……○
  • 金歯、入歯……○
  • 美容整形手術、エステ費用、育毛剤、コンタクトレンズ……×
  • 診断書作成料、差額ベッド代、体温計、車椅子、栄養ドリンク、補聴器……×
  • マッサージ代、鍼代(治療目的)……○
  • マッサージ代、鍼代(健康維持目的)……×
  • 健康診断、人間ドック……×
  • 健康診断、人間ドック(重大な疾患が見つかり治療した場合)……○

実は医療費が年間10万円なくても、控除できる可能性があります。「意外と複雑な医療費控除」を使わず、ご損をされている方がとても多いです。

※ サラリーマンの方
年収3,116,000円未満であれば、医療費は10万円なくても控除できます!
※ パートの方
年収130万円なら、年間32,500円以上の医療費を支払っていれば控除できます!

戻る

今すぐお問い合わせ

ページトップへ

Contents